四月のすぎもと

さてさて、四月になったのにまだ寒い日が多くまだ春は来ないのでしようか?
皆さんは、花粉症など大丈夫ですか?
俺は一度もなったことも無く、大変さが分かりません!

だけど近頃鼻がムズムズする時がたまにあります。でもそれ以上ならずすんでいます。

花粉病になる人は統計上、頭が良い人がなりやすいそうです。


俺は頭が悪いからならないんじゃ無いかな(笑い)!
しかし昔は花粉病なんて無かったよ!


年を取るごとに色々な病気が出てきますね!        
私ごとですが、今年で63回目の誕生日を迎えます。


二十歳を過ぎてからは早いです。何となく幾つまで生きるのかなんて考えますね!
まるで俺の銀座のトンビだよな、なんて笑ってしまいます。
だから我々の年代は一日一日,後悔しないようにガンバつて生きなければならないと思います。

今月は歌に仕事に楽しく生きていくつもりです。
それから神戸の方に行きますよ!それから新人の歌い手さんの新曲発表会にも顔を出します。


何かと忙しくしてます。


そして、ある人のお別れ会があり、その人が吾亦紅とかもめの街が生前大好きだったそうです!
そこで故人を偲んで歌う予定です!こんな俺でよかったら、一生懸命歌わせてもらうつもりです!


ありがたい話です。
だからその人に伝わる様に歌うつもりです。
今月はこんな感じで行く予定です!




勿論,曲作りも忘れず頑張ります・皆さん期待して下さいね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

毎月の先生のブログ有難うございます。(以前お願いし、感謝感謝です!)本当に楽しみです♡
私は伊勢に近いところに住んでおりますので、東京と名古屋の先生のライブに2回ほど参加させて頂きましたが、以後なかなか行けず、今年こそは!と考えておりますが・・・東京ではチェウニさんとのライブはとってもお似合いで、お二人にうっとり。名古屋では休憩無しの先生のパワーにビックリ!!沢山の元気を頂いてルンルンで帰りました。(ライブ終了後偶然にも握手して頂きました!)
先生のCDアルバムはほとんど揃え、毎日聴いておりますが、沢山の曲が心の琴線に響くようで、その時その時の私を癒してくれたり励ましてくれたり心の糧です。 「銀座のトンビ」には元気を頂き一緒にワッショイ! 桜の季節には「おいしい関係」がピッタリ。
毎月お忙しい中、沢山の人々を励ましに行かれたり、追悼にも行かれたり先生の優しいお人柄がブログから読み取れて益々惹かれます。健康診断の結果も良く安心致しました。どうか今年もお元気な唄声を沢山聞かせて下さい。先生ご自身の声での、先生の曲を全てお聞きしたい!私の夢です♡是非是非アルバムも沢山、テレビ出演もお願い致します。遠い所からではありますが、一生懸命応援しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生を想定して

「鈍空の雁」

うす墨を刷いたような鈍(にび)空
鳥の群れ あれは雁か そうだ雁だ
遠い日に 義父(ちち)のうしろ
家路めざして歩いた場面が
モノクロ・フィルムのまま よみがえる

あの日 古ぼけた映画館
連れられて見た映画はなんだったか
白いシーツ 干したかげから
長い髪の女 顔を出す外国映画だった

熱をおびた少年を 誰にも気付かせないのは
家族という つまらない檻で もがいていたからだ
そしてまもなく 孤独という名の思春期


群れをなす雁はどこへ帰るか
人として 生まれ生きて 人で良いと。
わけも無く 今もひとり
ぐれず、ねじれず過ごした時代は
孤独を背負った日の レクイエム

やがて 年老いたある男
自分史を書く機会が来るだろうか
晩成を 大器なんかで
飾れなくていいが 途上(みち)にまだ 露おく夢がある

翳をまとう青年を 売り物なんかにしないが
運命という 命を運ぶ 手だてはまだ続く
やがて陽はおち いつまた見るやら 雁の群れ
プロフィール

すぎもとまさと

Author:すぎもとまさと
杉本眞人
東京都新宿生まれ
1949年4月30日


代表曲
お久しぶりね
今さらジロー
トーキョートワイライト
遠き昭和の…
惚れた女死んだ夜は
花のように鳥のように
転がる石
吾亦紅
鮨屋で…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる